診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

月経前症候群(PMS)

「PMS(プレ・メンストラル・シンドローム)」とも言われる月経前症候群。生理(月経)開始1~2週間ぐらい前から起こり、生理(月経)が始まると軽快ないし消失する、イライラ、腹痛、眠気、頭痛、肌荒れなどのさまざまな不快症状の総称です。
排卵後の女性ホルモンの変化が関係していると考えられており、多くの女性が悩んでいます。

精神神経症状として

情緒不安定、抑うつ、不安、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、身体的症状として頭痛、腹痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張り、肌荒れなどがあります。

治療方法の一つに経口避妊薬(低用量ピル)というものがあります。ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンを両方含んだ薬で、ピルを服用すると排卵がストップし女性ホルモンが一定化します。その為、月経前症候群独特の症状が出にくくなります。
服用した人、全ての症状を改善するものではありませんが、かなりの身体的症状が緩和されます。

このような症状でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

婦人科疾患に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室