子宮頸がん検診「要精密検査」の場合はご連絡ください

当院では子宮頸がん検診で、要精密検査になった場合の精密検査が可能です。コルポスコピーによる精密検査で調べるだけでなく、ガン化していない軽度〜中等度の異形成部位の蒸散術手術が可能な施設です。

子宮頸がんの「精密検査」が出来るのは限られた医療機関のみ

精密検査(コルポスコピー検査)が対象の方
  • 子宮頸がん検診などの細胞診において異常が出た人

市区町村の子宮がん検診や会社での婦人科検診等を受けて、異常を指摘後、精密検査が必要と案内されたが、その検診を受けた施設で精密検査を行っていない場合があります。

受け取った結果に対して、第一にどの医療機関に行ったらいいかわからない場合等は当院に結果を持って受診して下さい。

当院では子宮頸がんの「精密検査」、コルポスコピー検査がご来院日当日にお受けいただくことが可能です。

当日の精密検査を受けられる医療機関は都内でも限られており、当グループは患者様の利便性に加え、正しい判断をより迅速に行う診査スピードを第一に考え日々診療しております。

子宮頸がんの「当日精密検査」はGYNメディカルグループにお任せください。

コルポスコピー検査ってどんなもの?

コルポスコピー検査(頚部精密検査)

コルポスコピー検査

コルポスコピーという膣や子宮の頸部の表面を拡大する専用の顕微鏡で細かい部分を観察する検査のことです。専用の機械で拡大し観察することが可能なので、肉眼では見られない病変を発見することができます。

通常、コルポスコピーでの観察と、異常が疑われる部位の病理検査(組織診)を行い、その結果とあわせて診断します。

子宮頸部蒸散術

子宮頸部異形成は子宮頸がんの前癌状態です。

軽度異形成(CIN1)のほとんどが自然治癒して正常細胞に戻っていきます。

しかし、軽度異形成(CIN1)や中等度異形成(CIN2)の一部で自然治癒が難しく、高度異形成・上皮内癌(CIN3)に進行していくものがあります。これらを放っておくと「子宮頸癌(扁平上皮癌)」へと進行しまい、子宮摘出になってしまう場合があります。

自然治癒が難しい軽度異形成(CIN1)の一部・中等度異形成(CIN2~3)への対応法として当院では子宮頸部蒸散術をおこなっております。

子宮頸部レーザー蒸散術の方法と適応条件

方法

子宮の入り口の異形成が発生した部位へスポット的に高周波装置を使用し、病変を焼いてしまう低侵襲な治療法です。

※妊娠に対して影響を及ぼすことはありません。
※治療時間は約20分程度です。
※麻酔が必要ないため、日帰り治療が可能です。

適応条件

  • 16、18、31、33,35,45、52,58 型の 8 種類が検出された方
  • CIN1(軽度異形成)が認められ、1年以上経過し継続している方
  • CIN2・CIN2〜3(中等度異形成)が認められた方