診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

下腹部に痛みを感じたことはありませんか?

女性は毎月の生理(月経)で下腹部の痛みに慣れている方も多く、つい放置してしまうケースもあるかもしれませんが、下腹部痛には女性特有の病気も数多くあります。

生理(月経)とは関係ない時期の痛みや、痛み方やその場所から様々な病気が考えられますので注意が必要です。

一般的な下腹部痛として多いのは・・・

  • 月経による下腹部痛 生理痛(月経痛)
  • 便秘が原因になっている下腹部痛
  • 食あたりなどによる下腹部痛

※月経による下腹部痛(生理痛)も月経困難症の場合もあります。
放置しておくことで痛みが強くなったり、不妊に結びつくという可能性も捨てきれませんので一度診察をおすすめします。

下腹部痛の原因による病気

子宮内膜症

症状として、生理痛(月経痛)、性交痛、月経時排便痛、下腹部痛・腰痛・不正出血・月経血量の増加などがあります。特に生理(月経)中の痛みが急に激しくなったり、出血の量が増えた場合は注意が必要です。
不妊症の原因で大きな要因となっています。

子宮筋腫

症状として、生理(月経)血量の増加と痛みです。生理(月経)の都度、だんだん症状が重くなるという場合は注意が必要です。
レバー状の生理(月経)血が出るケースも多いので、しっかりとチェックをしてください。
その他、生理(月経)期間以外に不正出血・下腹部の張りや違和感・貧血等を感じることもあります。

卵巣腫瘍

症状として、下腹部痛・腹部の膨満感・便秘・頻尿などが挙げられますが、無症状のケースも多く、その場合は発見が難しいとされています。
自治体や会社の無料婦人科検診では、卵巣の検査が無いことが多く、見落とされるケースが多いので要注意です。

膀胱炎

症状として、排尿痛、頻尿、残尿感、下腹部に張りや痛みを感じるようになります。
膀胱炎は、尿道に細菌が入り込むことにより引き起こされる場合がほとんどです。
圧倒的に女性の発症率が高い病気でもあります。放置すると腎盂腎炎にまで移行し、高熱が出ることもあります。

骨盤腹膜炎

骨盤腹膜に炎症ができてしまった状態です。性行為によってクラミジアに感染するケースが多いとされていますが、子宮内膜炎が重くなり骨盤腹膜炎へと移行するケースもあります。

婦人科疾患に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室