診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

外陰部の異常による病気

外陰部の異常として、痛みを伴う水泡や潰瘍が見られた場合は、ヘルペス感染症の可能性が高く、早めの診察が必要です。痛みを伴わないできもの(イボ)が見られた場合は、尖圭コンジローマの可能性が高く、外用剤塗布もしくは電気メスによる焼灼手術が必要になります。

コンジローマの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV6型・11型)の感染であることが解明されていて、ガーダシル(HPVワクチン)の接種をすることで予防が可能です。

外陰部に気になる症状があったとき、心配のない場合もあれば、病気のサインの場合もあります。

ヘルペス、カンジダ、コンジローマなど、さまざまな病気の症状でもありますので、早めの受診をおすすめします。

外陰部のかゆみ

汗をかいた時や排便後に清潔にしなかったことが原因で起こる一時的なかゆみは、清潔にすればすぐに治ります。
しかし、皮膚炎、カンジダなどの細菌感染などによるかゆみの場合は、いろいろな病気のケースが考えられます。

  • 外陰掻痒症
  • 外陰炎

※アレルギーや体質による接触性皮膚炎、脂漏性湿疹、自家感作性皮膚炎等

  • カンジダ外陰炎
  • 毛じらみ
  • トリコモナス症

外陰部の腫れ、ただれ

かきすぎてしまい、赤く腫れてしまったり、かゆみやヒリヒリした痛みを伴う症状もあります。細菌が原因で炎症している場合があるので、早めに受診するようにしましょう。

  • 外陰炎
  • カンジダ外陰炎
  • バルトリン腺のう腫(痛みなし)
  • バルトリン腺炎(痛みあり)
  • トリコモナス症

外陰部の痛み

生理用品、下着によるこすれなどから皮膚に炎症や湿疹ができ、痛む場合がありますが、皮膚ではなく、小陰唇、大陰唇の内面に痛みを感じる場合は注意しましょう。

  • 外陰潰瘍(ベーチェット病、梅毒)
  • 性器ヘルペス
  • バルトリン腺炎

外陰部のしこり・できもの

しこりにも良性のものと悪性のものがあります。放置せずに、気がついたら早めに受診してください。
ニキビのようなもの、水疱やイボなどはすぐ治るものもありますが、中には性行為や排泄などにより、細菌に感染している場合もあります。

  • 尖形コンジローマ
  • 膣前庭乳頭症(コンジローマとの鑑別を要する良性所見)
  • 梅毒
  • 外陰脂肪腫
  • 毛のう炎
  • 外陰がん(発症確率は非常に低い)

婦人科疾患に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室