診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

不妊とは

2年間の避妊をしない性交渉を行っても妊娠成立を見ない場合を「不妊」と言います。

原因として

不妊相談

原因としては女性側では、排卵障害・卵管通過障害・黄体機能不全・子宮頸管通過障害・子宮内膜症・子宮筋腫など。

男性側では、精子の量、運動率の低下・奇形率の増加などが考えられます。

このように様々な原因があるので一つ一つチェックしていかなければならないでしょう。

定義上は2年ですが1年間で妊娠しなければ念のため、受診しておいたほうが良いと思われます。
またその時は基礎体温をつけてご持参いただくと有り難いです。

ちなみに基礎体温とは、体の動きが最も安静な状態にあるときの体温のこと。
つまり、その条件をもっとも満たすのは「早朝定時で目を覚ましたときに、動かずにそのままの状態で測った体温」のことを指します。

AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査

成長過程の卵胞から分泌されるホルモンです。
卵巣にはたくさんの卵胞がありますが、そのうちの選ばれた1つの卵胞から毎月1回排卵が起きています。
卵胞(原始卵胞)は日々作られるものではなく、生まれた時から数が決まっているとされています。生まれたときには約200万個の原始卵胞があり、その数は年齢と共に減少します。そしてすべての原始卵胞がなくなったとき、女性は閉経を迎えます。

不妊

原始卵胞は1回の月経周期(約28日間)で1000個ほど消費されます。この中の10~20個ほどが排卵に向かって成長し、残りは生理周期に関係なく自然消滅されます。そして選ばれた1つの卵胞が大きく成長し排卵が起きますが、生涯女性が排卵する卵子の数は400~500個ほどと言われています。

不妊

AMHは成長過程の卵胞から分泌されます。
よって数値が高ければ成長過程の卵胞が多いことを、数値が低ければ成長過程の卵胞が少ないことを示します。成長過程の卵胞は成長前の卵胞の数(原始卵胞)に比例するとされ、これは年齢に比例します。よってAMHは「卵巣年齢」を知る指標とされています。

ただ現在残っている卵胞の量を見ているだけで、その卵胞の質や卵巣の機能を評価しているわけではありません。
卵胞は脳下垂体から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体化ホルモン)により成長し、排卵が起きます。

よって、AMHが十分でも脳下垂体からFSHやLHがきちんと分泌されていないと卵胞の成長・排卵は起きません。

また、AMHの数値が低値だとしてもFSHやLHに卵胞(卵巣)が反応していれば成長し排卵は起きますし、AMHの数値が十分だとしてもFSHやLHに卵胞(卵巣)が反応しなければ十分に成長せず排卵も起きません。

さらにAMHが高値であることも単純に良いことだとは言えません。多嚢胞性卵巣症候群といい、卵巣の膜が固くなることで上手く排卵ができず卵巣に卵胞がいくつもできてしまう病気があります。いくつも卵胞ができればAMHも高値となってしまいます。

AMHの値だけみるのではなく、脳下垂体やそれに対応する卵巣機能・卵胞の質を総合的にみることが大切なのです。

この検査だけで妊娠できるかどうかを判断することはできませんが、自分の卵巣を知る1つの方法かと思います。また妊娠希望のある方にとっては不妊治療の方針の手助けにもなるかと思います。検査ご希望の方は是非ご相談ください。

検査費用

検査費用:8,200円(税込)

検査内容:AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査
※自費の検査となります。
※相談料・処置料が別途かかります。(【初回】3,100円【2回目以降】1,100円)

注意点

  • 検査は採血検査のみです。特に予約制ではありません。
  • 結果が出るまで約2~3週間ほどかかります。
    また結果説明は院長からのみとなりますのでご了承ください。
  • AMHは月経周期に関係なく一定の数値であるとされ、いつでも検査は可能です。ただ文献によってはホルモン変動の可能性あり、生理3~5日目の検査をお勧めいたします。
  • 低用量ピルは卵胞の成長を抑える作用があるため、服用中の方は数値が実際より低値となる可能性が考えられます。

婦人科疾患に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室