診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

甲状腺疾患

甲状腺疾患とは、甲状腺の異常や障害によって引き起こされる症状の総称です。
甲状腺はのどぼとけの下にあり、発育や成長、新陳代謝に必要な甲状腺ホルモンを分泌します。甲状腺の病気には、たくさんの種類があります。
大きく分けると血液中の甲状腺ホルモン濃度が上昇する甲状腺中毒症、低下する甲状腺機能低下症、良性腫瘍・悪性腫瘍を含む結節性甲状腺腫などがあります。
甲状腺ホルモンには、体の発育を促進し、新陳代謝を盛んにする働きがあります。つまり、活動するために必要なエネルギーを作り、快適な生活を送るためになくてはならないホルモンです。
甲状腺ホルモンは多すぎても少なすぎても体調が悪くなってしまいます。

甲状腺の異常は、おもに3つに分けられます。

  • 甲状腺ホルモンが多い状態(バセドウ病など)
  • 甲状腺ホルモンが少ない状態(橋本病など)
  • 甲状腺におできができた状態(良性、悪性)

甲状腺機能が低下になると必要量の甲状腺ホルモンが作りきれない為に、全身の新陳代謝が悪くなり、以下のような様々な症状が現れます。

全身症状 寒がり、疲れやすい、動作が鈍い、体重増加、声かれ、低音
体温 低体温
顔つき・首 むくみ、甲状腺腫大、のどの違和感、ボーッとしたような顔
神経・精神症状 物忘れ、無気力、眠たい、ボーッとしている
循環器症状 徐脈、息切れ、むくみ、心肥大
消化器症状 食欲低下、舌が肥大、便秘
皮膚 汗がでない、皮膚乾燥、脱毛、眉が薄くなる、皮膚の蒼白
筋骨症状 脱力感、筋力低下、肩こり、筋肉の疲れ
月経 月経不順、月経過多
血液値 コレステロール上昇、肝障害、貧血

甲状腺の病気について

甲状腺の病気には大きく分けて2つあります。

まずひとつとして、甲状腺に腫瘍ができるもの。腫瘍は良性のものと悪性のものがあります。もうひとつが甲状腺 のホルモン分泌の異常です。その他に甲状腺に細菌感染がおこる病気などがあります。中には両方が同時におこる病気もあります。

甲状腺の良性腫瘍

腺腫様(せんしゅよう)甲状腺腫、プランマー病、甲状腺嚢胞(のうほう)など

甲状腺の悪性腫瘍

甲状腺乳頭癌、甲状腺濾胞(ろほう)癌、甲状腺髄様(ずいよう)癌など

甲状腺ホルモンが増加する病気

甲状腺機能亢進症、甲状腺中毒症、バセドウ病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎など

甲状腺ホルモンが減少する病気

甲状腺機能低下症、慢性甲状腺炎(橋本病)など

内科・泌尿器科に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室