診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

肥満症

肥満とは、単なる体重の増加ではなく、からだに脂肪組織が過剰にふえた状態です。
肥満かどうかを調べるには、脂肪組織の量を測定することが必要で、弱い電流を流して、その伝導の状態から体脂肪の割合を測定するインピーダンス法など、多くの方法があります。

目安としては、身長と体重から計算されるBMI(Body Mass Index)の数値が25以上あると、肥満といえます。

体脂肪率や体重は、肥満を判定する上で大切ですが、近年、成人病と関連があると注目されているのが、体のどの部分に脂肪がついているかということです。
体重と同時に体脂肪率もはかれるというインピーダンス法を使った器具などがありますが、同じ体脂肪の数値が出ても、脂肪のつき方によって、病気の起こりやすさは違ってきます。

皮下に、まんべんなく脂肪のついている皮下脂肪型肥満(下半身肥満、洋ナシ型肥満)は、割と病気を伴うことがないのですが、腸の膜についた脂肪が多い内臓脂肪型肥満(上半身肥満、リンゴ型肥満)は要注意です。
外見はそれほど太っていなくても、お腹が非常に出ている人は、内臓脂肪がついている可能性があります。

お腹の中に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満では、皮下脂肪型肥満に比べて、糖尿病や高脂血症、高血圧、さらには冠動脈硬化症を起こしやすいことが明らかになっています。
肥満症の解消方法は大きく2つ。食事療法および運動療法です。肥満度が高く、すでに合併症が進行している場合などは薬物療法や外科的治療を行うことがあります。

内科・泌尿器科に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室