診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

脂質異常症

脂質異常症とは、血液中の脂質濃度が基準値から外れた状態で、脂質の濃度が基準値より高い状態を「高脂血症」、低い状態を「低脂血症」と言います。

高脂血症

高脂血症の原因としては、食生活・食事が大きく影響していると考えられます。たとえば、動物性脂肪の多い高カロリー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。
高脂血症は、高脂血症だとはっきりわかる自覚症状がないため、症状だけで高脂血症を早期発見することは難しく考えられます。しかし、高脂血症を放っておくと、増えた脂質がどんどん血管の内側にたまってしまい、そして知らないうちに体の血管が傷ついてしまい、動脈硬化を引き起こす恐れがあるため、定期的に病院での健康診断を受けることが重要です

また、高脂血症は、動脈硬化の危険因子である高血圧、糖尿病、肥満、喫煙、運動不足、偏った栄養バランスの食事、アルコールなど総合的に判断しながら、生活習慣を見直し、予防することが大切です。

低脂血症

低脂血症とは、血清脂質濃度が通常低いとされている濃度よりもさらに低い値を示す疾患です。
甲状腺機能亢進症、悪性疾患、慢性感染、栄養不良などが原因となって低脂血症が生じている二次性の場合と、原因が分からない原発性の場合があります。

低脂血症では、特別な治療は行われないことがほどんどです。
原因がわからない原発性で現れている症状によっては脂溶性ビタミン剤の補充が行われたり、脂肪制限、必須脂肪酸の補充などが行われます。

低脂血症を引き起こす原因となる疾患がある場合には、その原因疾患の治療が優先されます。

内科・泌尿器科に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室