診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

虫垂炎

よく盲腸といわれる病気です。本当は盲腸というのは小腸から大腸に移行する大腸の始まりの部分を指します。そして虫垂はこの場所から垂れ下がるように出た部分で、ここに炎症を起こすと、虫垂炎となるのです。最初、みぞおちの辺りに痛みが出現し、だんだんと右下腹部に痛みが移動するようなときは、虫垂炎を疑います。よくある病気ですが、腹膜炎を起こしたりもする、決してあなどれない病気です。

感染性腸炎

食品や水などを介して、胃腸に細菌やウイルスが入ってきて起きる病気です。細菌では大腸菌といった良く聞く名前のものから、ブドウ球菌、コレラ、赤痢菌などが原因となります。ウイルスではノロウイルスやロタウイルスなどが原因となります。症状としては嘔吐、下痢、発熱、血便、腹痛などがあります。症状が軽ければ、スポーツドリンクなどの補液で対応できますが、水分も口にできない、血便があるなどといった場合は、抗生剤の投与や点滴の必要になることもあるので、病院を受診しましょう。

過敏性腸症候群

思春期の女性や、ストレスの多い30-40代の男性に多くみられます。ストレスや精神的な動揺がきっかけで、腹痛を伴う便秘、下痢、もしくは便秘と下痢を繰り返したりします。ただいろいろ検査をしてもそれらの原因となる異常が見られないときに、この病気を考えます。倦怠感や不安、不眠、頭痛などを伴うこともあります。命にかかわる病気ではありません。自分でうまく付き合っていけるようであればストレスを減らすような生活でいいですが、症状がつらいときには薬の投与で改善することもあるので、医師と相談してみましょう。

潰瘍性大腸炎

主に大腸の粘膜で炎症を起こす原因不明の病気で、大腸に潰瘍が出来たりします。15歳~30歳の若年成人に多いといわれています。腹痛、下痢、血性下痢、発熱などを繰り返しているときにはこの病気も考えなければいけません。この病気と診断を受けた場合は、継続的な薬物療法が必要になりますので、定期的な通院が大切になります。

大腸癌

これまでは欧米では胃癌が少なく、大腸癌が多い、そして日本では胃癌が多く、大腸癌が少なかったのですが、最近は食事内容の欧米化に伴い、日本でも大腸癌が増加してきました。大腸癌により通過障害(便秘)が起きたり、下痢が起きたり、その両方を繰り返したりします。出血により、下血することもあります。

便秘症

じつは便秘症には明確な定義はありません。2~3日に一回しか排便がない人でも、おなかが張ったり食欲がなくなるなどの自覚症状がなければ便秘症とは言いません。
しかし、その時の便がかたい場合は、便秘症といっていいでしょう。一般には3~4日以上便通がないことを便秘と呼ばれています。

便秘になると大腸がんのリスクが上がるのは有名な話ですが、便というのは私達が食べた食事の最後の姿であり、これは当然、体には要らないものです。このカス(腐敗物質)が長い間体にたまったままだと、女性の敵でもある肌荒れやむくみが起きてきます。
さらに、お腹の中では1日に2~3リットルものガス(おなら)がつくられます。けれど便秘で逃げ道をふさがれたガスは、どんどんお腹の中にたまっていってしまいます。これが便秘症の時に起きるお腹の張りの原因です。さらに、そのガスで膨らんだ腸が胃を下から圧迫し、胸やけやげっぷ、さらには逆流性食道炎の原因となるのです。
また便秘症の不快信号は脳に伝わり、気分がすぐれなくなりストレスを常に感じている状態になってしまい、さらに痔になる原因や悪化する要因となります。

内科・泌尿器科に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室