診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

一般的なウイルス性(インフルエンザ)

インフルエンザとは、“インフルエンザウイルス”によって引き起こされる感染症です。

かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。
これに対し、インフルエンザは、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。

インフルエンザの特徴として、伝染性が非常に強く、あっという間に人から人へうつり、広い範囲で流行すること、症状が激しく重症化しやすいこと、肺炎や脳症などの合併症や持病の悪化を引き起こして死に至ることもあること等から、インフルエンザは慎重な予防対策と発生後の対応が必要で、普通のかぜとは区別すべき病気です。

お年寄りや慢性の病気をお持ちの方は合併症を併発することが多いので、早めに医療機関を受診することが必要です。

内科・泌尿器科に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室