診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

一般皮膚科診療

ニキビ、アトピー性皮膚炎、カブレ、白癬、乾癬などの皮膚疾患の診療を行います。
特に、ニキビに対する抗アンドロゲン療法(低用量ピル療法やスピロノラクトン療法)を行っています。

その他、にきび以外の主な皮膚疾患についてご紹介いたします。

ニキビ

大人になってからできるアダルトニキビの原因は様々な要因があります。それぞれの原因に合わせた正しい治療方法で、ニキビやニキビ痕のない素肌を取り戻しましょう。

アダルトニキビは、月経前にひどくなる人が多く、ホルモンバランスや仕事上のストレスが原因であり、アンドロゲンの分泌が多くなることが要因と考えられます。
従来の治療法では、抗生剤の内服や、ビタミン剤の内服、抗生剤入りのクリーム、ローション、イオウの入ったクリーム、漢方などで治療することが多いのですが、一時的な改善しか望めなく、特にアダルトニキビには効かない方が多いことが実情です。
アダルトニキビや難治性ニキビについては抗アンドロゲン療法を行っています。

アトピー性皮膚炎

成人型アトピー性皮膚炎は首や顔に症状が強く出ることが多いので、女性にとっては深刻です。
症状がひどくなると、耐えがたいかゆみに加えて、皮膚が赤くなったり、皮がむけたりするので、精神的に辛いものとなり、それがストレスとなり、ますます症状を悪化させることになります。

治療には、アレルゲンを見つけ、それを取り除くとともに、炎症やかゆみを抑える外用薬の投与、スキンケアを行います。

カブレ(接触皮膚炎)

接触皮膚炎とは皮膚に何らかの原因物質が触れたためにおこる皮膚炎で一般に「かぶれ」といわれています。
原因物質に刺激性があって触れた大部分の人が皮膚炎を起こす場合(刺激性接触皮膚炎)と,その物質にアレルギーをもっている人だけが皮膚炎を起こす場合(アレルギー性接触皮膚炎)とがあります。

症状は触れた部分に赤みやぶつぶつができ痒みを伴い,ひどいときは水疱を生じることもあります。この状態を湿疹と呼びます。
治療は症状にあわせてステロイドの外用や内服,抗アレルギー剤の内服などで治療します。

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹は皮膚の浅い層に、大小様々な部分的なむくみ(膨疹)が現われ、強いかゆみを伴う症状のことです。
むくみは数分から数時間後に、次第に消えてなくなりますが、数時間後から24時間くらいで再発を繰り返すことが多いです。
蕁麻疹の症状自体は、1~2日で治まる急性じんましんが多いのですが、だらだらといつまでも続く慢性じんましんもあります。
蕁麻疹はアレルギー体質の人が起こりやすかったり、アレルギー反応の一種でできるといわれています。

しかし、アレルギーは原因の1つではあり、刺激やストレス等でも起きます。実際、原因は多様で、よくわからないこともあります。
心の病が原因で発症する蕁麻疹(心因性蕁麻疹)があります。
心の病気には、神経症・躁うつ病・心身症に分類されますが、心因性じんましんは心身症から起こりやすいため、心理療法が必要となり専門の医療機関をご紹介します。

水虫(白癬菌)

最近では若い女性の水虫患者が増えています。これは、靴やストッキングなど、風通しの悪いものを長時間身につけて働く女性が増えていることや、裸足で利用する場が増え、水虫に接する機会が増えていることなどが原因です。

特に女性は、「水虫なんて恥ずかしくて相談に行けない」と思っている人も多く、慢性化してしまっているケースも少なくありません。
やはり早めの治療が大切です。

乾癬

乾癬とは、皮膚から少し盛り上がった赤い発疹の上に、銀白色のフケのような垢が付着し、ポロポロとはがれ落ちる病気です。

原因はまだ分かっていませんが、体質的な要素(遺伝的素因)に外的な因子(感染症、精神的ストレス、薬剤など)、内的な因子(糖尿病、高脂血症、肥満など)が加わることで、発病するのではないかと考えられています。

皮膚科・美容に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室