診療受付の利便さと待ち時間を有効にご利用いただくため、WEB仮受付・順番確認システムを導入しております(受付表の入力も出来ます)。どうぞご活用ください。

ピル受け取りの患者様専用に、「ピル外来」を始めました。 診療受付の利便さと待ち時間の有効活用のためにどうぞご利用ください。

気管支炎

気管支炎とは、気管および気管支粘膜の炎症で、細菌やウイルス、科学性刺激ガスなど様々な原因で起こる病気です。
慢性気管支炎と急性気管支炎の2種類の気管支炎があります。

急性気管支炎

急性気管支炎は、主に激しい咳と痰が起こり風邪やインフルエンザなどの合併症として表れるので、これらの原因が取り除かれると、気管支炎も治まります。
風邪が喉頭よりも上部で炎症を起すのに対して、器官の方へ下行するのが気管支炎といえます。

慢性気管支炎

慢性気管支炎は、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫・慢性気管支炎)に分類されCOPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)と呼ばれており、持続性あるいは反復性の痰を伴う咳が少なくとも連続して過去2年以上、毎年3カ月以上続くものと定義されています。
現在明確な原因は分かっていませんが、喫煙や加齢、気管支喘息、慢性鼻疾患、遺伝的に気管支壁が弱い、感染症、大気汚染などが原因と考えられています。
主な症状としては痰が絡む咳が特徴で、痰は粘着性のあるものが多くなります。治療法としては、咳を切れやすくする去痰剤や気管支拡張剤などを使って気管支炎の症状を鎮めるといった対処療法が主な治療法となる為、根治は難しいです。
慢性気管支炎と診断された場合はこれ以上の悪化を抑制する為に、原因の除去として、禁煙の実行や部屋の清掃・換気などを十分に行うなどの生活習慣の改善が必要となります。

急性上気道炎(風邪)

急性上気道炎とは、いわゆる“かぜ症候群”のことです。
かぜなどの症状を引き起こすウイルスが鼻粘膜から咽頭粘膜に感染し、これらの部位にウイルスが増殖することによって、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、喉の痛み、咳、発熱などの症状があらわれることを上気道感染症(かぜ症候群)と呼びます。
あらゆる年齢層に発症し、健常人でさえ大半の人が罹患するごく普通の疾患です。

通常1週間以内で自然に治りますが、治療中経過をみて症状が改善しないときは合併症や他疾患も疑われるのでかかりつけ医を受診してください。

内科・泌尿器科に関連する項目はこちら

中絶手術専門サイト ピル処方相談室