11

生理痛は症状・痛みに個人差があり、中には何も手につかなくなるほどの重い生理痛に悩まされている方も多くいらっしゃいます。

毎月ブルーな気持ちになってしまうので、生活にも支障が出るでしょう。
出来る事ならば少しでも生理痛を和らげたいですよね。

今回は生理痛の緩和方法をご紹介します。
生活がずっと楽になるので、ぜひお試しください。

 

体を温める

生理痛対策として定番ですが、非常に高い効果が期待できる緩和方法です。

生理痛の原因物質「プロスタグランジン」は身体が冷えて血流が滞ることで急増するもの。
痛みを緩和するためには体を温めて、プロスタグランジンの生成を減少させる必要があります。

患部を温めることはもちろん大切ですが、体全体の血行を改善することも重要なポイントの1つ。
お風呂に入る際に血行改善に効果があるバスソルトやアロマオイルを活用するのもオススメ
です。

 

熱を生み出しやすい体づくり

12

体を温めるために物理的な方法も有効ですが、体質の改善にも取り組んでいく必要があります。

全身の筋肉量が少ないと熱を生み出すことが困難です。
血液を循環させるポンプ作用を筋肉が担っているため、筋肉が弱いと血流が滞り、血行が悪化
するので、生理痛に悪影響を生み出します。

特に下半身の冷えはふくらはぎの筋力低下によるもので、トレーニングで筋力アップを目指し
ましょう。
ウォーキングでも十分な運動効果が期待できますので、日々の通勤やお買い物の間は自転車や
エスカレーターなどを使わず、極力歩くように心がけて下さい。

ふくらはぎを冷やさない工夫も必要で、デスクワークの場合はレッグウォーマーなどを着用し、冷えを予防することが大切です。

 

食べ物・飲み物の見直し

13

生理痛の緩和には温かいハーブティーが有効です。
セントジョーンズワートやラズベリーリーフ、ジャーマンカモミール、ローズヒップなどが特に効果的。
血行を良くし、子宮の収縮を緩めてくれます。

ホルモンバランスを整えて、痛みの原因であるプロスタグランジンを抑制する作用があるので、生理中に最適な飲み物だと言えるでしょう。

また、生理痛を重くする原因の1つに「マグネシウム不足」があるので、マグネシウムを積極的に摂取するように心がける必要があります。

マグネシウムは煮干しやひじき、えんどう豆、アーモンド、チーズ類などに多く含まれているので、生活に取り入れて下さい。

 

ピルの導入

避妊薬として広く知られているピルですが、生理痛の緩和にも有効だということはあまり知られていません。

ピルには女性ホルモンである卵胞ホルモン・黄体ホルモンが含まれていて、体内の女性ホルモンを調節することで排卵を抑制、避妊効果を得るもの。
ピルに含まれているこれら女性ホルモンによって、子宮内のプロスタグランジンが減少するので、生理痛の緩和にも効果を発揮するのです。

毎月重い生理痛で憂鬱だと、ストレスがたまりやすい環境にあるでしょう。
ストレスで交感神経が優位になると、血管が収縮し、血行は悪化していく一方です。

生理痛によってストレスが増加し、ストレスによって生理痛を引き起こすという悪循環を抜け出すためにもピルの服用は有効な手法だと言えるでしょう。

投稿日:2015年4月28日|カテゴリ:お知らせ, 女性の気になる病気・症状