01

ニキビは女性にとって非常に面倒な存在です。
思春期などではニキビによって苦汁をなめさせられた経験があるのではないでしょうか。
 
成長してからもニキビが発生することはあるのですが、今までとは特徴が大きく異なり、
治りも遅い場合は「大人ニキビ」を疑ってみて下さい。
 
今回は大人の女性が悩みやすい「大人ニキビ」についてお教えします。

 

大人ニキビの特徴

02

思春期ニキビは成長ホルモンが皮脂腺を刺激し、皮脂が過剰になることで生まれます。
皮脂分泌の多いTゾーンや頬までの広範囲にできるのが思春期ニキビの特徴。
 
一方大人ニキビは、アゴ周辺・フェイスライン・首筋などに出来やすいです。
ぽつぽつとニキビが出現し、思春期のものより治るのが遅め。
ニキビ自体は乾燥してカサカサしています。
思春期ニキビと大人ニキビで症状が異なるのは、ニキビができる原因やメカニズムが全く違う
からなのです。

 

大人ニキビが生まれる仕組み

角質の蓄積肌の乾燥、この2つが大人ニキビのキーワード。
 
成長するにつれて肌の代謝が悪くなってターンオーバーのリズムが崩れ、角質が適切に
剥がれず、毛穴に蓄積
します。
 
ターンオーバーが乱れることで肌のすることで大人ニキビが生まれるのです。

 

大人ニキビの原因は男性ホルモン!?

大人ニキビの発症原因として、最も多いのが男性ホルモンの活性によるもの。
女性の場合、月経前になると誰でも黄体ホルモンが活発になり、同時に男性ホルモン活性が
高くなります。

 
男性ホルモン活性が優位になると、皮脂の分泌が増加し、化粧乗りが悪くなったり、男性の
ヒゲが生える部分に吹き出物が出てきてしまう
のです。
 
女性の社会進出が当たり前となった現在、これらの症状に悩む方が増えてきています。
大学卒業後、仕事をするようになってから発症することが多いのも大人ニキビと
言われる所以です。

男性ホルモンの活性による大人ニキビにはビタミン剤の服用や抗生剤では一時的な
対症療法にしかなりません。
男性ホルモンを抑制する治療が必要です。

 

生活習慣が美肌を阻害

03

多忙な日々を送る社会人の生活の中にはホルモンバランスを乱す要因がたくさんあります。
ストレスは体内だけではなく、美容にも大きく作用することは言うまでもないでしょう。
 
蓄積したストレスや睡眠不足、過度な喫煙・飲酒によってターンオーバーが乱れ、毛穴を
詰まらせてしまうのです。
また、生理前の「黄体期」には要注意。
 

皮脂の分泌を過剰にする黄体ホルモンが増加するため、最も大人ニキビができやすい時期だと
考えられています。
更年期も黄体期と同様に黄体ホルモンが過剰分泌されるため、同様に注意が必要です。
 
 
大人ニキビから脱却するためには原因の追究は不可欠。
対策を練る手助けとなるので、しっかりと覚えておきましょう。

投稿日:2014年12月16日|カテゴリ:お知らせ, 女性の気になる病気・症状